2013年3月号

【インタビュー】いま、経営は何をすべきか

マネジメントにイノベーションを起こすために

ゲイリー・ハメル :ロンドン・ビジネス・スクール 客員教授

ゲイリー・ハメル

ロンドン・ビジネス・スクール 客員教授

我々はいま、容赦ない変化、熾烈な競争、飽くなきイノベーションといった厳しい環境を生きている。従来のマネジメントの常識にしがみついたままでは、このような世界で生き残ることはもはや不可能である。「大企業はDNAレベルで不適応を起こしている」とゲイリー・ハメル教授は指摘する。しかし、教授によれば、何をしなければならないかはおおむね判明しているという。教授の近著What Matters Now(邦訳『経営は何をなすべきか』ダイヤモンド社より2013年2月21日刊行予定)から、いま、そしてこれから必要とされるマネジメントの要諦を聞く。  

ゲイリー・ハメルロンドン・ビジネス・スクール 客員教授

PDF論文:9ページ
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない