2011年8月号

人間中心の共創型事業をつくる

すべてのステークホルダーの経験価値を共有する

ベンカト・ラマスワミ

ベンカト・ラマスワミ

ミシガン大学 スティーブン M. ロス・スクール・オブ・ビジネス 教授

フランシス・グイヤール

フランシス・グイヤール

エクスペリエンス・コクリエーション・パートナーシップ 社長

C.K.プラハラッドと本稿筆者の一人ベンカト・ラマスワミは2000年、HBR誌上に、顧客と企業の新しい関係を表す「共創」(co-creation)という概念を紹介した。共創の前提は、「経験を共有することで、すべての関係者が相手側で起こっていることを深く理解し、双方にとってよりよい新しい経験を考え出すことができる」というものである。その後、多くの企業が「顧客との共創」を受け入れてきた。しかし、エンド・ユーザーのために新しい経験を生み出すには、顧客の経験を直接的、間接的にかたちづくる、社員、サプライヤー、販売業者、NGO(非政府組織)、規制当局といった、他のすべてのステークホルダー(利害関係者)の経験を改善しなければならない。 共創型事業を実践する企業は、生産性や創造性の向上、コストや離職率の低下、新しいビジネスモデルおよび収益源を獲得できる。そして、インドのコングロマリットでITCがアグリ事業で実証したように、途上国で有効なビジネスモデルを生み出すことも可能である。

ベンカト・ラマスワミミシガン大学 スティーブン M. ロス・スクール・オブ・ビジネス 教授

フランシス・グイヤールエクスペリエンス・コクリエーション・パートナーシップ 社長

PDF論文:15ページ[約1,354KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない