2013年3月号

マネジメントの世紀

組織の束縛から人間らしさへの解放

ウォルター・キーチェル3世 :ウォルター・キーチェル3世 元 ハーバード・ビジネス・パブリッシング 編集ディレクター

ウォルター・キーチェル3世

ウォルター・キーチェル3世 元 ハーバード・ビジネス・パブリッシング 編集ディレクター

 マネジメント思想は、資本主義や広義の自由市場が排除されない国や地域に、あまねく広まりつつある。資本主義と、その生産性を高めようとするマネジメント思想の恩恵によって、世界は間違いなく豊かさを増し、教育水準も高まってきている。  このようなマネジメント重視主義への取り組みは完成してはいない。なぜならマネジメントの目的とは結局のところ、人々とその組織にいかにより大きな成果を上げさせるかにあり、その一方で、人々は人間らしさに強くこだわり、雇用主から尊重され公平に扱われることを期待しているため、「唯一最善の解」はけっして生まれそうもないからである。しかし、よりよい方法なら存在するはずだ。マネジメントは今後もそれを探求し続けるだろう。  本稿では、100年にわたるマネジメントの発展の歴史を振り返る。

ウォルター・キーチェル3世ウォルター・キーチェル3世 元 ハーバード・ビジネス・パブリッシング 編集ディレクター

PDF論文:20ページ[約4,683KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない