2013年2月号

[第4回]井深大との「世界を変える」出会い

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか

森 健二 :ジャーナリスト

森 健二

ジャーナリスト

大阪帝大教授・淺田常三郎の薫陶を得た盛田昭夫は、家業と自分の可能性の板挟みとなっていた。そして時代は太平洋戦争へ突入。軍人になるのは不本意だったが、それでも研究を続けられる海軍技術将校への道を選ぶ。 しかしそこで、奇跡が待っていた。1945年3月、東京會舘で開催された戦時科学技術研究会の分科会で、人生を左右する井深大と出会う。 メカトロニクスという次の時代の技術潮流を読んでいた井深と、応用物理のおもしろさを知り、人生の目標を希求していた盛田は、初めて出会った瞬間から互いを惹きつけ合った。

森 健二ジャーナリスト

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない