2013年2月号

リスク管理のフレームワーク

規則だけでは防げない

ロバート S. キャプラン

ロバート S. キャプラン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

アネット・マイクス

アネット・マイクス

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

リスク管理というと、規則を多数設けて、それを遵守させればよいとする考え方が多い。内部リスクはそれで対応できるが、戦略的リスクと外部リスクには、オープンな議論を通してリスクの発見や影響の緩和を検討するという、まったく異なるアプローチが必要になる。 企業が見返りを求めて受け入れる戦略的リスクには、組織の事業やスタイルに合わせて、独立の専門家、調整役、内部専門家を活用し、全社的なリスク管理や監視プロセスを導入するとよい。企業のコントロールが及ばない外部リスクには、ストレス・テスト、シナリオ・プランニング、ウォー・ゲームなどの分析ツールを活用し、潜在的なリスクの発見と影響の最小化に努めるべきである。 脅威や失敗に着目するリスク管理は、個人や組織のバイアスとは相入れない性格を持っている。しかし、経営者は直面する複数のリスクを体系的に考え、それぞれに適切なプロセスを導入し、効率的に管理しなくてはならない。

ロバート S. キャプランハーバード・ビジネス・スクール 教授

アネット・マイクスハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF論文:16ページ[約2,924KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない