2013年2月号

ビッグデータ活用スキルをいかに育むか

高度だが実用性の高いモデルを構築する

ドミニク・バートン

ドミニク・バートン

マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージング・パートナー

デイビッド・コート

デイビッド・コート

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

これまで企業は多大なIT投資を行い、そのたびに投資対効果の低さに忸怩たる思いを抱いてきた。そうした経緯を振り返れば、ビッグデータ時代の到来に当たって経営者が手放しで喜べないどころか、及び腰になるのも仕方がないだろう。 しかし、データ主導型の戦略が定着するにつれて、競争上、ビッグデータがますます重要な差別化要因になっていくはずである。 問題は、組織能力(ケイパビリティ)の開発にある。しかるべきデータを選択し、高度だが実用性の高いモデルを構築し、データを活用するスキルを組織的に育てることで、事業機会を的確にとらえる企業体に生まれ変わることは可能である。  

ドミニク・バートンマッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージング・パートナー

デイビッド・コートマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:10ページ[約2,280KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない