2013年2月号

ビッグデータで経営はどう変わるか

測定できれば、マネジメントできる

アンドリュー・マカフィー

アンドリュー・マカフィー

マサチューセッツ工科大学 プリンシパル・リサーチ・サイエンティスト

エリック・ブリニョルフソン

エリック・ブリニョルフソン

マサチューセッツ工科大学 教授

「測定できないものはマネジメントできない」。これは企業経営最大の命題として多くの成功を阻んできた。しかしあらゆるデータがデジタルで得られる時代になると、この言葉は死語になるかもしれない。勘と経験に頼る経営の是非も、大量のデータの分析が可能になることで、もはや議論の余地はなくなるだろう。かようにビッグデータの衝撃は大きい。従来の、経験による価値、専門性の優位性、マネジメント慣行などについての長年の考え方が揺らぐに違いない。つまりビッグデータは経営に革命的な変化をもたらすのである。この変化に気がつかない経営者は、みずからの企業を路頭に迷わせることになりかねない。ビッグデータは、マネジメント・スタイルを一変させるばかりか、企業で必要とされるリソースの種類も劇的に変化させる。新たな経営を取り入れた企業の競争優位は、想像以上に大きい。  

アンドリュー・マカフィーマサチューセッツ工科大学 プリンシパル・リサーチ・サイエンティスト

エリック・ブリニョルフソンマサチューセッツ工科大学 教授

PDF論文:12ページ[約3,800KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない