2011年8月号

優れたビジネスモデルは好循環を生み出す

優位性を高める選択がカギ

ラモン・カサデサス=マサネル

ラモン・カサデサス=マサネル

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ジョアン E. リカート

ジョアン E. リカート

IESEビジネス・スクール 教授

ローバル化や技術の進歩、そして持続可能性といった環境変化は、多くの企業にビジネスモデルの再構築や修正を迫っている。しかしそのほとんどがビジネスモデルによる競争の手法を十分に理解していない。そのため、競合他社のモデルを考慮に入れずに失敗したり、逆にビジネスモデルの可能性を引き出し切れていないケースもある。 ではビジネスモデルはどう構築すべきなのか。簡単に概念化すれば、ビジネスモデルは、経営上の選択とその結果から成り立っている。ある選択は結果を生み出し、その結果が新たな選択を可能にする。 企業目標に沿ったビジネスモデルなら、この繰り返しが常にビジネスモデルを強化していく好循環を生む。この循環が進むにつれ、経営資源の蓄積は増え、優位性も高まる。賢明な企業は、この循環をさらに発展させ、競争相手の好循環にはブレーキをかけ、競争相手の強みを弱みに変えることさえできる。

ラモン・カサデサス=マサネルハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ジョアン E. リカートIESEビジネス・スクール 教授

PDF論文:14ページ[約1,502KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない