2011年9月号

[新訳]リーダーシップとマネジメントの違い

両者は補完関係にある

ジョン P. コッター :ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

ジョン P. コッター

ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

リーダーとマネジャーの役割の違いについて論じた論文は多い。古くはHBR 1977年5‐6月号で発表されたアブラハム・ザレズニックの論文は、心理学の知見を基に目標や仕事観、育成方法などにおける両者の違いを明らかにし、その後のリーダーシップ開発に大きな影響を与えた。 本稿は、リーダーシップ論のグールーである筆者が90年に発表したものである。リーダーシップとマネジメントは共に複雑なビジネス環境のなかで欠かせないものであり、補完関係にあるとする。複雑な状況にうまく対処することがマネジメントの役割であるのに対し、リーダーシップの役割は変化にうまく対処することであるという。新しい環境に適応し、競争を勝ち抜くために大規模な変革が必要になれば、それだけリーダーシップが求められるようになる。 さらに、リーダーシップとマネジメントの役割を「方向性の設定」と「計画と予算の策定」、「人心の統合」と「組織編成と人員配置」、「動機づけ」と「統制と問題解決」と対比させて論じ、最後にリーダー育成の企業文化を醸成することの重要性を指摘している。

ジョン P. コッターハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

PDF論文:15ページ[約1,467KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない