海軍「実戦の父」たち

 先述の神戸海軍操練所で勝海舟の下、海軍士官としての教育を受け、後に「実戦面における真の日本海軍の父」と呼ばれた人物が、伊東祐亨(1843~1914)です。

伊東祐亨(1843~1914)

 薩摩藩出身の伊東は独学で海軍の精神と技術を学び、維新後は軍艦の副長・艦長を歴任します。日清戦争に際しては、初代連合艦隊司令長官に任命され、清国水師提督・丁汝昌(テイジョショウ)率いる北洋艦隊と戦い、豊島(ほうとう)沖海戦、黄海海戦を制して黄海の海上権を獲得、威海衛(いかいえい)で北洋艦隊を降伏させました。

 伊東は、日本海軍の精神的風土をつくり上げた「武士道精神の提督」としても有名です。北洋艦体壊滅後、自害した丁汝昌の遺体を乗せた軍艦が出港する際、伊東は日本の全艦船に半旗の掲揚と礼砲の発射を命じました。礼節をもって敵将を送り返した日本海軍の武士道精神は、世界中から称賛され、列強の日本に対する認識を改めさせました。

 海軍軍令部長となり、また海軍大将に進級しても、伊東は政治権力には近づかず、純然たる武人としての生涯を貫きました。明治の軍指導者の多くはこの点をよくわきまえ、軍人としての資質を磨き、実戦を制することを追求しました。特に後者において決定的な影響を与えたのが、天才戦術家と呼ばれた海軍中将秋山真之(さねゆき・1868~1918)です。

秋山真之(1868~1918)

 1890年(明治23)7月、海軍兵学校を首席で卒業し、日清戦争で砲艦「筑紫」の航海士として従軍した後、アメリカに留学した秋山は、日露開戦に備え戦術を研究します。「天気晴朗なれども波高し」の名文で幕を開けた日本海海戦では、連合艦隊主席参謀として参戦し歴史的勝利に導きました。上官たちは秋山の頭脳の優秀さに舌を巻き、ほとんどの作戦を彼に一任したといわれています。

 丁字(ていじ)戦法をはじめ、乙字戦法、総掛かり戦法、水雷攻撃を駆使する秋山兵学は、日露戦争後、絶対的評価を受け不動の地位を得ます。連合艦隊司令長官の東郷平八郎に「智謀湧くがごとし」と評され、また、松山中学校(現松山東高等学校)時代の同級生正岡子規や兄好古(よしふる)と共に、『坂の上の雲』(文藝春秋)の主人公としてあまりに有名な秋山は、「海軍兵学の父」と称されています。

 日本海海戦には、もう一人、父の称号を持つ参謀が参戦しています。連合艦隊先任参謀として旗艦「三笠」に搭乗した有馬良橘(りょうきつ・1861~1944)です。称号は「手旗信号の父」、日本海軍の「手旗信号」を創案した功労者です。

 創設当初の日本海軍が、海上での他艦との交信に用いた旗旒(きりゅう)信号法(信号旗を掲揚して通信する方法)は信号書と照らすのに時間がかかるため、有馬ら若い海軍士官たちは簡便な方法の発明に熱中します。有馬は余暇を利用して基本練習を繰り返し、ついに紅白二本の小旗を使って簡略文字の形成に成功します。イロハのカタカナ符号を用いて信号を送るという有馬が考案した手旗信号法は、1888年(明治21)9月、海軍に採用されました。手旗信号法はその後も改良が加えられ、今日までその効用が大きく評価されています。

 紀伊国和歌山城下(現和歌山県和歌山市)生まれの有馬は、21歳で上京し、海軍兵学校を経て海軍に入ると、緻密で几帳面な性格を買われ、日露戦争では島村速雄(はやお)参謀長の下、秋山らと作戦参謀を担当、後に「軍神」となる広瀬武夫(たけお)が戦死したことで有名な旅順閉塞作戦を東郷に進言します。東郷は、生還の見込みの少ないこの作戦を当初は許しませんでしたが、緻密な作戦内容と、参謀みずからが指揮官となることで、二度の閉塞作戦を許可します。結局作戦は失敗に終わりますが、有馬は「旅順閉塞作戦生き残りの英雄」として、広くその名を知られることになります。後に海軍大将まで進級した有馬は、海軍教育本部長として士官教育に尽くし、退役後は枢密顧問官や明治神宮宮司を長く務めました。