「外交の父」と「造幣の父」

 主に政界で活躍したのが、伊藤博文と井上馨(1835~1915)です。井上は、伊藤と生涯の友であり、伊藤・山県有朋と共に「長州の三尊」と呼ばれました。伊藤の「智謀」、山県の「勇敢」に対して、井上は「機敏」の人といわれます。

井上馨(1835~1915)

 渡航前は攘夷論者だった伊藤と井上ですが、ロンドンに到着して約半年後、四カ国連合艦隊の馬関(ばかん・下関)砲撃計画を知り、攘夷の非を諭すため帰国します。この時、井上は説得に失敗し、藩内の攘夷派から襲撃され重傷を負います。西欧近代文明の凄さを肌で感じることによって、攘夷の愚を悟り開国派に転じるのは、海外留学組に共通するところです。

 その後、井上は、奇兵隊の参謀、戊辰戦争時の九州鎮撫(ちんぶ)総督参謀などを経て新政府に入り、造幣頭・大蔵大輔などの要職を歴任します。1873年(明治6)に退官して一時実業界にありましたが、1875年(明治8)に大阪会議をあっせんして政界に復帰し、1879年(明治12)からは外務卿として条約改正の準備に当たりました。そして、1885年(明治18)の内閣制度発足に伴う第一次伊藤博文内閣で初代外務大臣に就任し、不平等条約の改正に奔走するのです。

 井上外交の方針は、法権(領事裁判権の容認)と税権(協定関税制の採用)の一部を回復するというものでした。ところが、鹿鳴館に象徴される欧化政策が国民の批判の対象となり、井上の辞任と共に鹿鳴館時代も終焉します。

 井上の外交方針や欧化政策は国民の評判がすこぶる悪いのですが、外交政策そのものがその時代の内外の状況を総合的に判断して妥当であったかどうかは評価の分かれるところです。とはいえ、外務卿時代から初代外務大臣を辞任するまでの約八年間、条約改正に献身的に取り組んだことは事実であり、それゆえ井上は、「近代日本の外交の父」と呼ばれます。

 井上以後の条約改正問題を外務大臣として引き継ぐのが、大隈重信、青木周蔵(しゅうぞう)、陸奥宗光です。なかでも陸奥は、第二次伊藤博文内閣の外務大臣として粘り強く交渉し、1894年(明治27)、ロシア帝国の南下に危機感を募らせるイギリスとの間に日英通商航海条約を締結し、36年目にして治外法権の撤廃に成功します。また、日清戦争後の1895年(明治28)には、伊藤博文と共に全権として下関条約に調印し、日本にとって有利な条件で戦争を終結させました。これらの功績により、陸奥もまた「外交の父」と呼ばれます。

 遠藤謹助(1836~93)は、ロンドン大学で理科・自然科学を学びました。維新後は日本の造幣史に新たな歴史を刻み、「近代日本の造幣の父」と称されています。

 新政府の造幣事業は、幕府の旧金座および旧銀座を接収したことに始まります。その後、貨幣司、太政官・造幣局、大蔵省・造幣寮と変遷し、この間、旧香港造幣局長のお雇い外国人トーマス・キンドルによって、近代国家としての造幣制度の確立が図られました。
1871年(明治4)、大阪に造幣寮(後造幣局)が竣工し、新貨条例・造幣規則が制定された際、キンドルは造幣寮の首長として寮の建設と機械の据え付けに尽力し、通貨の品位・量目を銀本位制とする意見書を提出、また造幣年報を発行するなど日本の貨幣の信用を高めることに努めました。

 キンドルが、わが国の近代的造幣制度の確立に貢献したことは間違いありませんが、遠藤は、日本人技師の力による造幣を目指し、造幣学研究会を立ち上げるなどして造幣技術者の養成に努めます。

 維新後は、井上馨の紹介で造幣寮に出仕し、造幣権頭に抜擢されますが、キンドルと対立したためいったん大蔵省に移り、1881年(明治14)に復帰して造幣局長となります。以後、1893年(明治26)に退官するまで、局長として、日本人による洋式新貨幣の製造に努めました。

 今日の(独立行政法人)造幣局は、1871年(明治4)に造幣寮が創設された大阪に本局があります。大阪造幣局は「桜の通り抜け」で有名ですが、これは遠藤局長が、「局員だけの花見ではもったいない。市民と共に楽しもう」と言って開放した1883年(明治16)以来のことです。毎年桜の開花時には、造幣局構内の旧淀川沿い全長560メートルの通路が一週間開放され、浪速(なにわ)の春を飾る風物詩として、人々に愛されています。