アイデア創出~コンセプト定義の手順

1.ペルソナに感情移入しながら、マスに沿ってアイデアをどんどん出していきます。フレームは、あくまでもアイデアを発想しやすくするためのガイドなので、アイデアがどのマスに入るべきか悩む必要はありません。生産性をあげるために「30分でアイデアを100個出す」といった具体的な目標を宣言して行うといいでしょう。

2.すべてのマスにアイデアが埋まり、目標の数のアイデアが出揃ったら、フレームを取り外して、同じアイデアや近いアイデアを整理し、30程度のアイデアグループにまとめていきます。

3.3つ程度のアイデアグループを抽出し、ユニークな組み合わせを作っていきます。常識的には考えられないような意外な組み合わせも検討しましょう。組み合わせから触発されて新しいアイデアが浮かんだらそれも書き足し、コンセプト仮説の候補とします。組み合わせのポイントは、顧客に強いポジティブな感情が生まれるような組み合わせになっているかどうかです。50程度の組み合わせができるまで行います。

4.コンセプト仮説の候補を「ペルソナの視点×独自性」といった視点で評価します。評価の高かった候補については、特長を端的に表すタイトルを付け、コンセプト仮説として定義します。これらは次のプロトタイピングのステップに進むことになります。