人力車の父――和泉要助

 明治初期の都市部に登場した人力車は、西洋馬車からヒントを得て日本独特の工夫を加えられ、1870年(明治3)に発明されました。西洋馬車よりも小回りが利き日本の狭い道に適し、また料金も安く、庶民の足としてたちまち普及し、明治中期には全国で21万台以上も走っていたといわれています。東京では、市電やタクシーが登場する昭和初期まで存続しました。

 この人力車を発明し普及に尽力したのが、筑前国鞍手(くらて)郡中泉村(現福岡県直方市)生まれの和泉要助(1829~1900)です。

 明治維新後、御所の賄い御用を務めていた頃、輸入された馬車をヒントに、人力を用いた自由に往来できる乗り物をつくろうと考えます。同じ頃、八百屋の鈴木徳次郎も荷車を工夫して人を運べないかと思案しており、二人は御所賄い御用の仕事を通じて知り合い、新しい車の製作で意気投合します。

 車大工の高山幸助を誘って試作を重ね、1870(明治3)に試作品が完成すると、三人連名で東京府に人力車の製造と営業の許可を願い出、府はこれを許可します。開業の翌年に東京府の人力車の数は早くも一万台を超え、以後全国に驚異的なスピードで広がっていきました。

 現在、都内の善光寺(東京都港区北青山)と和泉の墓所のある長明寺(東京都台東区谷中)の二カ所に「人力車発明記念碑」が立てられており、人力車の発明に中心的な役割を果たした和泉は「人力車の父」と称されています。

西洋家具の父――杉田幸五郎

 近代日本の西洋建築は、幕末の居留地に始まり、明治に入って小学校や役所などの公的機関に広がりました。洋風建築が本格化するのは、「お雇い外国人」を招聘した、いわゆる「鹿鳴館政策」以降です。

 この洋風建築に合わせる洋風家具は、当初、在日西洋人から買い取った中古家具や輸入家具が中心でした。しかし、明治宮殿(現皇居)や赤坂離宮では、日本の家具業者に洋式家具の製作に当たらせました。なかでも、東京・築地の杉田屋は、明治期最大の高級家具製造業者として、政官界から宮家、富豪の家具を調達したことで知られています。

 明治から戦前にかけて東京の新橋・芝には多くの家具製作会社があり、「芝家具」として広く知られていました。『芝家具の百年史』(東京都芝家具商工業協同組合)によれば、杉田屋は「その後の家具業界に大きな影響を与えていることと、店舗の構えの有無にかかわらず、もっとも早くから家具業に従事したという実績を持っている」と位置づけられています。さらに、「(杉田屋は)日本の近代家具史を語る上に非常に、という以上、もっとも重要な業者であるばかりでなく、その正当な伝統を、すべて芝家具の業者の上へ伝えている」と述べています。

 杉田屋の創業者杉田幸五郎(こうごろう・生没年不詳)は、洋式家具の製作と普及に尽力し、優秀な門下生を育てた明治西洋家具界の最大功労者です。彼が「日本洋家具の父」と称されたのは、「政商的な機略」を用いたからといわれますが、それはこんなエピソードが伝わるからでしょう。

 杉田が品川宿あたりの露店で中古家具を商っていた頃、たまたま通りかかった伊藤博文から声をかけられ、その後明治政財界の大物や宮家に出入りするようになります。これを機に、杉田屋は大家具業者に飛躍していきます。

「西洋式」を武器に、政府の政策の波に乗って事業を発展させた杉田が得た「日本洋家具の父」という称号は、まさにこの時代の世相を代表するものといえるでしょう。
(つづく)

「文明開化の父(2)」5人の墓所
 上野彦馬墓所(上野家墓所・長崎県長崎市伊良林)
 下岡蓮杖墓所(染井霊園・東京都豊島区駒込)
 田本研造墓所(住吉共同墓地・北海道函館市住吉町)
 和泉要助墓所(長明寺・東京都台東区谷中)
 杉田幸五郎墓所(不明)
 
※タイトル写真出所:国立国会図書館ホームページ