「青臭さ」がなくなったのは社会の責任

伊賀:小沼さんご自身は日本企業で働いたことはないですよね?なのになぜ、日本の企業に焦点を当てた人材育成のNPOを立ち上げようという問題意識をお持ちになったんですか。

小沼:ひとつ、印象的な原体験として、私が青年海外協力隊に行く前と行った後の大学時代の同級生の表情の変化があります。行く前の就職活動の時期、周りには熱い人間が多くいました。商社を目指す友人は、商社で貧困の格差をなくすようなビジネスをやっていくんだと言い、銀行に行く友人は、中小企業を元気にして、日本社会を良くして行きたいと、皆意気揚々と語っていていました。そんな友人とは私は違う道を歩み、2年間青年海外協力隊で活動をして大きな刺激を受けて帰ってきたんです。帰国後、久々にみんなを集めて飲み会をやったんです。ぼくは当時のみんながいると思って、「こんなことをやってきたんだよと」当時のまま、熱く語ったら・・・

伊賀 泰代
(いが やすよ)
キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。 現在は、キャリアインタビューサイト MY CHOICEを運営し、リーダーシップ教育やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する。

伊賀:浮いちゃったわけですね(笑)。

小沼:そうです(笑)。当時社会人3年目の友人から返ってきたのは冷笑にも似た反応でした。その時に言葉にできないほどのショックを受けました。採用時に企業が高い志を持った人を欲しいといっているのであれば、入社後もその志を伸ばすべきだと思ったんです。実際には入社後の3年間で大企業の中の歯車になり、情熱が薄れていき、いわゆる会社員が作られて行くという印象でした。

伊賀:就職してから3年もたつのにそういう会社員になれないと、「いつまでも子どもだ」というラベルを貼られたりしますよね。

小沼:「青臭いね」と言われてしまうんです。逆にぼくは改めて青臭い道で生きていこうと思いました。自分が感じた違和感を、なんとかしないといけないと思ったんです。

伊賀:それってすごくおもしろいです。普通は、社会人経験を積んだ仲間が口を揃えて言ってくることのほうが真実で、まだ社会を知らない自分はやっぱり「青臭い」、「世の中の現実をわかってないのは自分の方かもしれない。やばい!」と思うものです。でも小沼さんは、そうは思わなかったのですね?

小沼:今も青臭いとは思っているんです(笑)。でも、「青臭い」人が志を貫けないようなら、そもそも社会のあり方を変えて行きたいと思いましたね。僕には日本全体が青臭さを失ってしまっていると、見えたんです。というのも、協力隊の経験があったから言えるんだと思います。途上国に長期滞在した人は皆一様に言うんです。「日本にはない良いものがあった」って。ぼくも、途上国で必死に生きている現地の人たちの圧倒的な情熱に感化され、高度経済成長期の日本ってこういう感じだったんだろうなって思いました。自分が現地でそのことを痛感したので、まわりから「青臭い」って言われても、自信を失わなかったのだと思います。

伊賀:小沼さんは、いい意味で言うことが古くさいですよね(笑)。日本の企業って、就活の際や、経営者の挨拶など公の機会では「社会における使命」や「創業の志」について語ることがよくあります。でも実際の仕事の現場ではすぐに「そうはいっても現実には・・」と言い出す。普通は現実に流されるのに、小沼さんは、日本企業でも理想の方を取り戻せると思われたんですね?

小沼:この話は、事業を始めていろんな企業の方とお話をする中で確信に変わりました。日本の企業の根幹には、創業時に掲げた青臭い、社会を良くするというミッションや想いがあります。実は多くの方がそうした部分に共感してその会社に入っていて、その想いは今も多くの働く人の胸の奥に秘められていると感じています。ただそれが日常の仕事の中ではあまり表に出なくなっているんだと思います。