2012年11月号

優れたリーダーは業績だけで満足しない

経済的価値と社会的価値を両立させる

ナサニエル・フット

ナサニエル・フット

トゥルーポイント マネージング・ディレクター

ラッセル・アイゼンスタット

ラッセル・アイゼンスタット

トゥルーポイント プレジデント

トビアス・フレッドバーグ

トビアス・フレッドバーグ

チャルマーズ工科大学 准教授

業界全体が不振にあえぐなかでも、困難な環境を物ともせず、素晴らしい業績を達成している企業が存在する。これらの企業に共通するのは、卓越したリーダーの存在である。彼らは目先の利益だけを追うのではなく、高い志を掲げている。長期的な経済的価値の創出、コミュニティへの貢献、社内のソーシャル・キャピタル(社会関係資本)の充実という3領域で同時に、高い成果を上げることを目指す。 我々の調査によって明らかになった志高きリーダーの行動は、次の通りである。組織の特徴や強みを包括的にとらえたうえで、強力な戦略ビジョンを策定する。相互に信頼し合い、共通の目標に向かって尽力する組織を構築する。そして、戦略ビジョンの実現に向けて、長期的に粘り強く取り組んでいく。 本稿では、スタンダードチャータード銀行、ボルボ、キャンベルスープの事例を用いて、経済的価値と社会的価値を両立させる、新しいタイプのリーダーシップについて解説する。

ナサニエル・フットトゥルーポイント マネージング・ディレクター

ラッセル・アイゼンスタットトゥルーポイント プレジデント

トビアス・フレッドバーグチャルマーズ工科大学 准教授

PDF論文:14ページ[約3,092KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない