リーダーシップという朱に交われば赤くなる

酒井:皮肉なことかもしれませんが、マッキンゼーに入る人は、その時点では自分のゴールを自分で決めていないですね。でも、卒業する人はマッキンゼーみたいな会社を辞めることを自分で決めています。マッキンゼーを辞めるなんて、現代社会において最もアホな選択なんです(笑)。しかしながら、マッキンゼーは自分の人生を生きないとダメだという勇気を持つことを教育できている。その点に興味がありますね。

伊賀 泰代 (いが やすよ)

キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。 現在は、キャリアインタビューサイト MY CHOICEを運営し、リーダーシップ教育やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する。

伊賀:私は採用に関わっていたので、途中でその機能に気づきました。コンサルティングファームが就職先としてすごく人気になり、マッキンゼーブランドに惹かれて面接にやって来る人が増えた時、初めは困ったものだと思いました。

 でもよくよく考えたら、ブランドに惹かれて来た人でも2、3年頑張っているうちに価値観が変わるわけです。だったら、ブランドに惹かれて来る人を入社させて、彼らを変えて世の中に出すという価値転換機関としての意義が、マッキンゼーにはあるのではないかと考えるようになりました。

 そもそも、最初からやりたいことが明確に意識できている人は、マッキンゼーなんかに来ないで起業してもいいし、小さな会社に入ってもいいんです。でも良い大学を出てしまうと、一流企業に入らないともったいないと思ってしまう人も世の中にはたくさんいて、マッキンゼーであればそういう人を採用できます。

 在職中、私にはふたつの使命があると思っていました。ひとつは採用マネージャーとして、マッキンゼーが必要とする人材を採用すること。もうひとつは、ブランドに惹かれて入ってくる人達の価値観を変えて、世の中に送り出すことです。次第に後者は私にとって、一生をかけて取り組んでいくべき社会に対するミッションのようなものだと思うようになりました。

酒井:実際にはどのようにして変わっていくのですか。

伊賀:オセロゲームみたいなものかもしれませんね。マッキンゼーの場合、10人集まったら新人2人以外の8人は強力なリーダーシップを持っているという世界です。その集団の中に放り込まれて、他の人がどんどんリーダーシップをとって問題を解決していくのを見ると、それができない自分に焦る気持ちが出てきます。さらに、リーダーシップを発揮すれば、こんなこともできるのかということが具体的にわかってくるので、みんなすぐに行動が変わり始めます。

 マッキンゼーに限らず、集団の中にリーダーシップを取る人が増えてくれば、他の人もそれに引っ張られて変わっていくと思います。だから、初めは強制的でも構わないからNPOなどに参加させて、できるだけ多くの人にリーダーシップを体験させるべきだと思いますね。

 マッキンゼーみたいな小さな組織だけでリーダーシップに対する価値観を変える作業をやっていても、せいぜい年間10人ぐらいしか育てられません。やはり大学がリーダーシップを教育する機関になるべきでしょう。

酒井:「朱に交われば赤くなる」というのは、ミラーニューロンの発見によって、ただの格言ではなくて、事実として認知してしまって良いものだと思います。これを今回の対談の文脈にあてはめれば、周囲に本物のリーダーが多数いる環境にいれば、誰でもリーダーになっていけるということです。単純ですが、これこそがマッキンゼーが強い組織でいられる秘密でしょう。そんなマッキンゼーを支えてきたのが、リーダーシップを採用基準とすることのはずです。いやー、とても勉強になりました。

伊賀:リーダーシップを持った人を増やすこと、そういう人が多い集団を体験することこそが、最高のリーダーシップ教育だと思いますす。私は、リーダーシップ・キャパシティーは国力を左右する要素だと思っているし、それこそが今の日本に足りていないものだと思っています。

 酒井さん、対談、ありがとうございました。続きは、このあとの飲み会でお話しできればと思います。何か、食べたいものはありますか?(笑)

前編はこちら)

 

<新刊書籍のご案内>

採用基準
地頭より論理的思考力より大切なもの

マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が初めて語る!

就職超難関企業と言われるマッキンゼーは、地頭のよさや論理的思考力が問われると思われがちだ。しかし元採用マネジャーの著者は、このような定説をきっぱりと否定する。マッキンゼーでは世界で通用する人材を求めており、頭のよさだけではない。それは現在の日本が必要としている人材像と同じと言える。

ご購入はこちらから! [Amazon.co.jp] [紀伊國屋書店BookWeb] [楽天ブックス]