2013年1月号

[第3回]人生を変えた物理学との出会い

【連載】盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか

森 健二 :ジャーナリスト

森 健二

ジャーナリスト

盛田家の15代目として生を受けた盛田昭夫。家業を再建した辣腕経営者の父の下、幼き頃より英才教育を受け、経営哲学の基礎を叩き込まれていく。 一方、中学時代に目覚めた電気や科学に対する熱い思いは止みがたかった。寺田寅彦やその弟子、中谷宇吉郎といった物理学者にして名随筆家たちの著作をむさぼるように読み、青春時代を過ごす。 そして、恩師・淺田常三郎との出会いによって、フィジシスト(物理学の徒)として覚醒する。 淺田研究室の自由で愉しい雰囲気は、盛田のその後を大きく決定づけた。

森 健二ジャーナリスト

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない