2011年11月号

科学の「第4のパラダイム」

データ集約型科学が人類の危機を救う

トニー・ヘイ :マイクロソフトリサーチ エクスターナル・リサーチ部門担当バイス・プレジデント

トニー・ヘイ

マイクロソフトリサーチ エクスターナル・リサーチ部門担当バイス・プレジデント

コンピュータ科学者たちは過去数十年にわたり、言語や推論の複雑な規則をコンピュータに組み込むことによって、専門家の思考をマシンに再現させようと試みてきた。しかしこれまでのところ一流の科学者や医師、エンジニア、マーケターが思いつくような創造的な洞察や解決策を答えさせるには至っていない。 我々はいま、「データ集約型科学」(data-intensive science)に向けて科学的探究のアプローチ全体を考え直さなければならない。これこそが、マイクロソフトリサーチに所属するチューリング賞受賞者のジム・グレイが、科学的探究の「第4のパラダイム」を提唱した理由である。ここでは高性能なコンピュータが要となるが、既知の規則に基づいてプログラムを開発するのではなく、データを出発点として規則を発見するためにプログラムを駆使する。 本稿では、海洋研究、天文学や水文学、医療費抑制など、さまざまな分野における取り組みを紹介するとともに、ビジネス領域での応用の可能性も探る。

トニー・ヘイマイクロソフトリサーチ エクスターナル・リサーチ部門担当バイス・プレジデント

PDF論文:15ページ[約1,766KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない