2013年1月号

戦略構築にこそ戦略が必要である

事業環境、業界によって異なる

マーティン・リーブズ

マーティン・リーブズ

ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー

クレア・ラブ

クレア・ラブ

ボストン コンサルティング グループ プロジェクト・リーダー

フィリップ・ティルマンズ

フィリップ・ティルマンズ

ボストン コンサルティング グループ コンサルタント

多くの企業が、競争環境に合わせた戦略を取る必要性を認識している。にもかかわらず、変化の激しい状況にあっても、依然として予測可能で安定した環境に適した伝統的アプローチで戦略を構築し、実践している。その結果、環境に適した戦略を取る企業と経営効率で大きな差がついている。 筆者らは、自社を取り巻く環境は予測可能か、環境を変えるために企業が影響を及ぼせるかという2つの観点から、石油業界などに適した「伝統型」、アパレル業界などに適した「適応型」、ソフトウエア業界などに適した「形成型」、大胆にゲーム変更を仕掛ける「先見型」という4つのスタイルを導き出している。 この類型を使えば体系的に戦略を構築できるが、その際には、自信過剰、習慣化した思考や業務慣行、組織文化とのミスマッチに留意しなくてはならない。また、全社的にだけでなく、事業、部門、地理的市場ごとにそれぞれの環境に適した戦略スタイルを柔軟に採用していく必要がある。

マーティン・リーブズボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー

クレア・ラブボストン コンサルティング グループ プロジェクト・リーダー

フィリップ・ティルマンズボストン コンサルティング グループ コンサルタント

PDF論文:12ページ[約1,810KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない