2007年3月号

失脚から復活する法

堕ちたリーダーが甦る時

ジェフリー・A・ゾネンフェルド

ジェフリー・A・ゾネンフェルド

エール大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

アンドリュー・J・ウォード

アンドリュー・J・ウォード

ジョージア大学 助教授

リーダーの仕事は、だれかの策略や思わぬ出来事によって、その身が破滅するというリスクと背中合わせである。事前に備えるべきなのは言うまでもないが、もしそうなってしまった場合、何をすればよいだろうか。四五〇件以上のCEO交代について分析したところ、堕ちたリーダーが復活するプロセスには共通性があった。ジミー・カーター、ジェイミー・ダイモン、スティーブ・ジョブズ、マーサ・スチュワートやマイケル・ミルケンたちはみずからの使命を自覚し、その復活に向けて対策を講じたことで、失意のどん底からはい上がることに成功した。

ジェフリー・A・ゾネンフェルドエール大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

アンドリュー・J・ウォードジョージア大学 助教授

PDF論文:14ページ[約1,355KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない