2009年4月号

コラボレーションの原則

「開放系か閉鎖系か」「フラットか階層型か」

ゲイリー・P・ピサノ

ゲイリー・P・ピサノ

ハーバード・ビジネススクール 教授

ロベルト・ベルガンティ

ロベルト・ベルガンティ

ミラノ工科大学 教授

アップルはこれまで、一部の専門家とコラボレーションしながら新製品を開発してきたが、〈iフォーン〉のアプリケーション開発では、いわゆるオープン・イノベーションを採用した。一口にコラボレーションといっても、自社の戦略、資産やケイパビリティ、開発する対象などによって選択すべき方式とその運営方法は異なる。実際、コラボレーション・ネットワークの形態は、「開放系か閉鎖系か」「フラットか階層型か」の二軸から、大きく四種類に分けられるが、これらの特徴を踏まえたうえで、コラボレーションを展開している企業はきわめて少ない。本稿では、アップル、IBM、アレッシィなどの例を紹介しながら、コラボレーション・ネットワークの正しい利用法を解説する。

ゲイリー・P・ピサノハーバード・ビジネススクール 教授

ロベルト・ベルガンティミラノ工科大学 教授

PDF論文:14ページ[約4,596KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない