2001年1月号

インタラクション革命の勃興

マッキンゼー:ニュー・エコノミー時代の競争戦略【第3回】

平野 正雄 :マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

平野 正雄

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

企業のトータル・コストは「トランスフォーメーション・コスト」と「インタラクション・コスト」に分けられる。情報技術の革新は、インタラクション・コストの構造を変え、「第二の産業革命」を起こす。その威力は、一八世紀の産業革命をはるかに凌ぐ。産業、企業、そして個人の「アトマイゼーション」の時代が始まろうとしている。

平野 正雄マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない