2001年1月号

GEキャピタルの株主価値経営

コングロマリット・ディスカウントを超えて

インゴ・ウォルター :ニューヨーク大学 スターン・ビジネススクール 教授

インゴ・ウォルター

ニューヨーク大学 スターン・ビジネススクール 教授

金融コングロマリットが一般に低成長・低収益に甘んじているなか、GEキャピタルは例外的存在である。同社がコングロマリット・ディスカウントの弊害を回避している背景には、ジャック・ウェルチの強い影響力がある。

インゴ・ウォルターニューヨーク大学 スターン・ビジネススクール 教授

PDF論文:8ページ[約3,776KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない