2011年11月号

意思決定の行動経済学

認知バイアスを見抜く12の質問

ダニエル・カーネマン

ダニエル・カーネマン

プリンストン大学 名誉教授

ダン・ロバロ

ダン・ロバロ

シドニー大学ビジネス・スクール 教授

オリバー・シボニー

オリバー・シボニー

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

認知科学者によると、人間の思考には2種類ある。一つは「システム1」と呼ばれる直感的な思考であり、もう一つが「システム2」と呼ばれる合理的な思考である。 我々は普通、システム1の思考モードで周りの状況を理解しているが、システム1によって生み出されるストーリーは、時として認知バイアスを引き起こす。バイアスによる意思決定への悪影響については、多くのビジネス・リーダーが認識するようになったが、ビジネスの意思決定の質は、個人のレベルでも、組織のレベルでも、向上しているとはいいがたい。意思決定をバイアスから守るにはどうすればいいのだろうか。そのためには、システム2の思考で、システム1のストーリーを見直すことが求められる。 2002年にノーベル経済学賞を受賞した行動経済学の権威ダニエル・カーネマンらが、他者からある提案(価格の見直し、製造拠点への投資、大型買収)を受けて判断を迫られている3人のビジネス・リーダーを例に、認知バイアスの影響を最小限に留める、12の質問を紹介する。

ダニエル・カーネマンプリンストン大学 名誉教授

ダン・ロバロシドニー大学ビジネス・スクール 教授

オリバー・シボニーマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

PDF論文:18ページ[約1,680KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない