2001年2月号

インタンジブル統合戦略:無形資産のアドバンテージ

有形資産を超えた競争力の源泉

伊藤 邦雄

伊藤 邦雄

一橋大学大学院 商学研究科 教授

本田 桂子

本田 桂子

マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

ニュー・エコノミーでは、ローカルに固定化された有形資産を持つことより、移転しやすい「無形資産」(インタンジブル)を蓄えたほうが有利に働く。こうした状況下では、従来の資産統合による効率化に代わって、企業価値の創造を促進するインタンジブルの戦略的活用・構築が企業活動の成否を握る。

伊藤 邦雄一橋大学大学院 商学研究科 教授

本田 桂子マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない