2001年3月号

二極化時代の勝者の条件

マッキンゼー:ニュー・エコノミー時代の競争戦略【第5回】

平野 正雄

平野 正雄

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

乙部 一郎

乙部 一郎

マッキンゼー・アンド・カンパニー コンサルタント

ニュー・エコノミー下で起こっている競争は、アメリカ経済 VS. 日本経済、成長産業 VS. 成熟産業といった、単純な二元論ではない。一つの国や産業のなかで、ほんの一部の勝者というべき企業が、実質的にはその業界のほぼすべてに匹敵するような価値を創造するウィナー・テイクス・オール(winner takes all)シンドロームが起こっている。この実態を精緻に分析してみると、競争環境下における各企業のポジションとその競争力の推移が克明に浮かび上がる。よりよいポジションに進むために、企業はいま、何をすべきか。事実の声に耳を傾けたい。

平野 正雄マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

乙部 一郎マッキンゼー・アンド・カンパニー コンサルタント

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない