2001年3月号

コーチングで「個」を活かす

心理学のメカニズムから解きほぐす【実践】

伊東 明 :心理学者

伊東 明

心理学者

「コーチングの解説書は雲をつかむような話でいま一つ信用ならない」と思ったことがある読者は少なくないはずだ。たしかに、従来の日本企業組織の論理からは、コーチングを理解するのは容易ではなかっただろう。しかしそれは一つのコミュニケーション・スキルであって、それほど難しい話ではない。本稿ではそのコーチング理論を正しい認識から遠ざけている要因から、実践に当たっての考え方と心構えを、心理学的見地から解説する。

伊東 明心理学者

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない