2001年4月号

官需依存体質からの脱却

GE流マネジメントを移植する

グレッグ・サミー :パーキンエルマー 会長兼CEO

グレッグ・サミー

パーキンエルマー 会長兼CEO

ほんの二年半前、パーキンエルマー(旧社名EG&G)は、優れた技術力を持ってはいるものの、その事業の大半は、政府向けのテクニカル・サービスという「御用商人」だった。 そこに社長兼COOとして招かれたグレッグ・サミーは、GEでの経験をもとに、社名変更も含んだパーキンエルマーの大胆な変革に取り組み、あっという間に急成長企業へと変身させた。変革の中心となった、事業ポートフォリオ再編という戦略と、それを支える人材の育成について、子細に語る。

グレッグ・サミーパーキンエルマー 会長兼CEO

PDF論文:8ページ[約710KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない