2001年4月号

プライス・マネジメントの理論

G・J・テリスの九分類に見る

上田 隆穂 :学習院大学 経済学部 教授

上田 隆穂

学習院大学 経済学部 教授

日本企業の「プライシング」には、体系(理論と実践)が存在しなかった。ITやインターネットの発達で、一物多価にはますます拍車がかかり、顧客へのパワーシフトも顕在化している。体系なくして、CRMをはじめワン・ツー・ワン・マーケティングなどに対応したプライシング戦略を展開することはできない。本稿では「テリスによる価格戦略の九つの分類」を紹介し、基本的な体系を踏まえながら、e時代に有効なプライシングとはどのようなものか、考察していく。

上田 隆穂学習院大学 経済学部 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない