2012年11月号

スティーブ・ジョブズ流リーダーシップの真髄

伝記作者が語る

ウォルター・アイザックソン :『スティーブ・ジョブズ』著者

ウォルター・アイザックソン

『スティーブ・ジョブズ』著者

アスペン研究所社長兼CEO。著書にSteve jobs, Simon & Schuster, 2011.(邦訳『スティーブ・ジョブス(I・II)』講談社、2011年)ほか、ヘンリー・キッシンジャー、ベンジャミン・フランクリン、アルバート・アインシュタインの伝記がある。

2011年10月、スティーブ・ジョブズが死去した。 彼の数々の偉業を称え、多くの人々がアップルストアに花を手向けたニュースは記憶に新しい。創業したアップルを追放され、その間にピクサー・アニメーション・スタジオを設立。そして再び、破産寸前のアップルを立て直すために復帰するなど、アメリカを代表する偉大な革新者となったジョブズの伝説はそれだけではなかった。 常識にとらわれないやり方、強烈に放つ情熱や完璧主義などの逸話もその一つだが、やはり、彼の成功のカギともいえる経営理念やリーダーシップこそ、学ぶ価値のあるものだ。 本稿では、ジョブズの取材を許された唯一の人、ウォルター・アイザックソンが、リーダーとしてのジョブズの真髄を語る。

ウォルター・アイザックソン『スティーブ・ジョブズ』著者

PDF論文:18ページ[約2,999KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない