2001年5月号

経営機能の外部化が変革を駆動する

『連載』マッキンゼー:ニュー・エコノミー時代の競争戦略【第7回】

平野 正雄

平野 正雄

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

本田 桂子

本田 桂子

マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

「プライベート・エクイティ」(PE)という新しい資本家は企業変革のリスクを引き受け、R&Dや新規事業に投資し、企業価値の最大化を図る。このPEの活用は、「経営機能の外部化」というニュー・エコノミー時代ならではの経営手法となりつつある。

平野 正雄マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

本田 桂子マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない