2001年5月号

戦略の本質は変わらない

インターネットでいかに優位性を実現するか

マイケル・E・ポーター :ハーバード・ビジネススクール 教授

マイケル・E・ポーター

ハーバード・ビジネススクール 教授

「インターネット時代には戦略など無意味だ」という意見をよく聞く。しかし、事実はまったく逆である。インターネットの活用は、オペレーション上で独自の競争優位をもたらすことなしに、産業全体の収益性を弱める傾向を持つ。それゆえ、これまで以上に差別化を図る戦略が大切になっている。インターネットは従来の競争手法を補完するものであり、そのように振る舞う企業が勝利を手にすることになろう。企業はインターネットについて明確な展望を持つ時が来た。

マイケル・E・ポーターハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:26ページ[約2,154KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない