2001年6月号

ポストモダン・マーケティングの技術

データと解釈の狭間で

ラッセル W. ベルク :ユタ大学 経営大学院 教授

ラッセル W. ベルク

ユタ大学 経営大学院 教授

両親はコルゲートやリステリン、アイボリーの商品を買っていた。いまの自分も、いつの間にか同じような商品を手に取っていることに気づく――。二二歳のある女性モニターは、ありし日の思い出をこのように語る。定量的なマーケティング手法が見落としてきたものはいったい何だろうか。解釈的な定性調査を予備的なもの、伝統的な定量調査をより決定的なものと決めつける企業は消費者から遠ざかる一方である。マーケティングは、間違いなくサイエンスから「アート」に向かい始めている。

ラッセル W. ベルクユタ大学 経営大学院 教授

PDF論文:10ページ[約1,514KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない