2001年7月号

「実験技術」革命のインパクト

イノベーション効率を飛躍的に高める

ステファン・トムク :ハーバード・ビジネススクール 准教授

ステファン・トムク

ハーバード・ビジネススクール 准教授

世間をあっと言わせるような新製品を開発したいが、多大な実験コストを覚悟しなければならない。特に知識と創造性が重視される新製品開発やデザイン、創薬といった分野では、このようなジレンマに悩んできた。しかし、ラピッド・プロトタイピングやコンビナトリアル・ケミストリーなどの最先端技術によって、複雑かつ高コストの実験も簡単かつスピーディにできるようになった。「実験新時代」の到来である。

ステファン・トムクハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:14ページ[約1,691KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない