2001年7月号

コーポレート・ブランドの戦略的価値

「ビジョン」「企業文化」「イメージ」を整合する

メアリー ジョー・ハッチ

メアリー ジョー・ハッチ

バージニア大学 マッキンタイア商学部 教授

マイケン・シュルツ

マイケン・シュルツ

コペンハーゲン・ビジネススクール 教授

インターネットは完全市場化を推し進める。その際、差別化の源泉となるのが、コーポレート・ブランドである。たとえば、無限のネット環境で消費者の認知を確保できる、価格競争から逃れられる、有力な提携相手が集まってくるなど、そのメリットは計り知れない。コーポレート・ブランドの価値を最大化するには、「ビジョン」「企業文化」「イメージ」の三要素を整合することが有効である。

メアリー ジョー・ハッチバージニア大学 マッキンタイア商学部 教授

マイケン・シュルツコペンハーゲン・ビジネススクール 教授

PDF論文:11ページ[約1,534KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない