2001年8月号

戦略本社の共創リーダーシップ

事業部の自律性と全社戦略をバランスさせる

ジョゼフ L. バウワー

ジョゼフ L. バウワー

ハーバード・ビジネススクール ドナルド・K・デイビッド寄付講座 教授

マイケル E. レイナー

マイケル E. レイナー

デロイト・コンサルティング ディレクター

従来の本社の「常識」は、高業績を上げている事業部の意思決定に口を挟まないことだった。しかし、現在のような不確実な市場では、本社にこそ、臨機応変なマネジメント、すなわち「戦略的柔軟性」が求められている。ある時は制約を課し、ある時は事業部間のコラボレーションを演出し、またある時は事業の意思決定を覆すことが必要とされる。

ジョゼフ L. バウワーハーバード・ビジネススクール ドナルド・K・デイビッド寄付講座 教授

マイケル E. レイナーデロイト・コンサルティング ディレクター

PDF論文:13ページ[約1,579KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない