2001年8月号

共進化のシナジー創造経営

全体最適型コラボレーションを超えて

キャサリン M. アイゼンハート

キャサリン M. アイゼンハート

スタンフォード大学 教授

D. シャルル・ゴルニック

D. シャルル・ゴルニック

INSEAD 准教授

「複雑系」「適応」「オープンシステム」「生態系」「共生」等々――。機械論的なパラダイムから生命論的なそれへと、経営者たちの思考が移行しつつある。このようなパラダイム・シフトのなか、シナジー創造活動のあり方も変わりつつある。本稿では、「共進化」という概念によって、企業内コラボレーションの要諦について解説する。

キャサリン M. アイゼンハートスタンフォード大学 教授

D. シャルル・ゴルニックINSEAD 准教授

PDF論文:16ページ[約1,808KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない