2001年9月号

コア人材を引き止める法

労働市場の流動化に対応する

ピーター・カッペッリ :ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

ピーター・カッペッリ

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

ウォー・フォー・タレント――優秀な人材の引き抜き合戦――が激化する現在、これまでの施策では、もはや有能な社員を引き止められない。 金銭的インセンティブも、あまり功を奏しなくなっているため、社員の心理面やキャリア設計に焦点を当てた施策も登場し始めている。 さらには、がらりと発想を変えて、必要な時に必要な人材を融通し合う他社との協業、タレントをめぐるアライアンスが活発化する。

ピーター・カッペッリペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,741KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない