2001年10月号

共感のプレゼンテーション

場の空気をコントロールする

ニック・モルガン :コミュニケーション・コンサルタント

ニック・モルガン

コミュニケーション・コンサルタント

交渉したり、説得したり、あるいはプレゼンテーションしたりする際、話の中身よりも、むしろ身振りや手振りといった動作が重要な役割を果たす。自分の体をうまく使って場の空気をコントロールできれば、話し手と聞き手との有機的なリレーションシップ、いわゆる「キニスセティック・コネクション」が形成される。それは信頼を芽生えさせる第一歩であり、次なる行動を促すテコでもある。

ニック・モルガンコミュニケーション・コンサルタント

PDF論文:11ページ[約1,663KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない