2001年10月号

インテルの独禁法対策プログラム

抜き打ち検査、模擬尋問 ―― 徹底したアプローチ

デイビッド B. ヨフィー

デイビッド B. ヨフィー

ハーバード・ビジネススクール 教授

メアリー・クワック

メアリー・クワック

ハーバード・ビジネススクール 研究員

コンピュータ業界で圧倒的な力を誇る二大企業、マイクロソフトとインテル ―― マイクロソフトが独禁法違反の問題で法廷闘争に悩まされる一方、世界最大の半導体メーカーであるインテルは、これを回避してきた。現インテル会長のアンディ・グローブが導入した「独禁法対策プログラム」が功を奏したのである。

デイビッド B. ヨフィーハーバード・ビジネススクール 教授

メアリー・クワックハーバード・ビジネススクール 研究員

PDF論文:7ページ[約973KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない