2001年10月号

「四半期ゲーム」の落とし穴

アナリストやCFOがはまった

ハリス・コリングウッド :ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

ハリス・コリングウッド

ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

「四半期利益至上主義」とでも呼べるほどに、ごく短期間の利益指標が重視されている。一株当たり予想利益に実績がわずか1セント足りないだけで、株価が急落することもある。経営者やアナリスト、投資家はもとより、監査人まで、この利益動向に右往左往する有り様である。実際にどれほど重要な意味を持つのか、理論的に証明されていない指標が、大きな影響力を持つことで、資本市場が歪み始めてしまっている。

ハリス・コリングウッドハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

PDF論文:10ページ[約1,182KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない