2011年12月号

ホールフーズ:利益や株価は二の次である

コンシャス・キャピタリズムを貫く

ジョン・マッキー :ホールフーズ・マーケット 共同創業者兼共同CEO

ジョン・マッキー

ホールフーズ・マーケット 共同創業者兼共同CEO

ジョン・マッキーはこの32年間、ホールフーズ・マーケットの共同創業者兼共同CEOとして同社を経営しつつ、食料雑貨商であり続けた。マッキー率いるホールフーズの経営は、急成長を遂げた企業とは思えないほど順調である。従業員に活躍の場を設け、申し分ない給与を支払い、顧客には健康的でサステナブルな方法で育てられた食品をみごとな品ぞろえで提供している。これが彼の標榜する「コンシャス・キャピタリズム」(意識の高い資本主義)である。 その実現のためには、第1に、利益や株主価値の最大化だけでなく、より高い目的を意識したビジネスを目指す。第2に、顧客、従業員、投資家、サプライヤー、地域社会、そして環境との関係がゼロサム・ゲームにならないように、ステークホルダー・モデルを理解する。第3に、リーダーは、自分自身と組織の繁栄を同一視し、組織の目的にかなうように振る舞う。第4に、これら3つを実現させる企業文化を創造することである。

ジョン・マッキーホールフーズ・マーケット 共同創業者兼共同CEO

PDF論文:11ページ[約2,131KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない