2001年11月号

CEOの責務

『新連載』マーケティング発想法【第1回】

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

古典は、時代を超えて読み継がれる価値を内包している。レビットの名著『マーケティング発想法』もまたその一つである。初版発行が30年以上も前にさかのぼることは、それを知らされなければわからないほど洞察力と慧眼に満ち、読み進めていくにつれ、いろいろなことを考えさせられる。復刻連載の第一回目は、経営トップにとってのマーケティングの意味を説く。CEO(最高経営責任者)は会社の未来を成功に導かなければならない。その責務を果たすために、マーケティングをどのようにとらえていく必要があるか。マーケティング部門はその要求に応えるために、どのように活動していくべきか。今日の日本企業に最も必要な経営思考が著されている。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない