2001年11月号

マーケティングの針路

ビジネスマンの近視眼を正す

セオドア・レビット :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

いままたマーケティングを再考すべき時が訪れている。しかし「マーケティングは跳躍しない」。そう、変わることよりも変わらないことのほうがよほど多いのだ。レビット教授は本インタビューのなかで、何が不易で何が流行なのか、何が正解で何が誤解なのか、マーケティングの本質を喝破する。レビット・マーケティング論を整理すると同時に、その全体像を俯瞰する。

セオドア・レビットハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:12ページ[約1,357KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない