2002年1月号

創造性を育てる「常識破り」のマネジメント

理論と実務が証明する

ロバート I. サットン :スタンフォード大学 経営学・経営工学 教授

ロバート I. サットン

スタンフォード大学 経営学・経営工学 教授

創造性を育てるには、人材の採用も育成方法も従来のマネジメント手法の逆を行かなければならない。ルーチンワークを効率的にこなし、成功を収めてきた経営幹部には驚くべき方法かもしれないが、最も効果が上がるのだ。

ロバート I. サットンスタンフォード大学 経営学・経営工学 教授

PDF論文:12ページ[約1,581KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない