2002年1月号

プロフェッショナル・マネジャーの誕生

『連載』[抄訳]GMとともに【第1回】 ドラッカーからの序文

ピーター F. ドラッカー :クレアモント大学院大学 教授

ピーター F. ドラッカー

クレアモント大学院大学 教授

1920年代初頭から50年代半ばまで、ゼネラルモーターズ(GM)のトップの地位にあったアルフレッド P.スローン。経営者としての手腕もさることながら、事業部制など、彼の組織設計もよく知られている。彼がGMでの経営を振り返り、六四年にアメリカで著したのが『GMとともに』である。同書は瞬く間にベストセラーとなり、大きなインパクトを与えた。同書の翻訳は現在、日本では絶版となっているが、マネジメントに与えた多大な影響を考え、新たな訳で本誌で紹介することにした。連載第1回の今回は、90年のペーパーバック版に寄せたドラッカーの序文を紹介し、同書の意義を改めて考えてみたい。

ピーター F. ドラッカークレアモント大学院大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない