2002年1月号

対話が組織の実行力を高める

意思決定をアクションにつなげるメカニズム

ラム・チャラン

ラム・チャラン

意思決定はそれ自身のみが目的ではない。確実に実行プロセスに移されることで意味を持つ。このようなケイパビリティを備えた組織に変革するには、「対話」が重要である。「オープン」で「忌憚のない」かつ「形式にこだわらない」ものである。なぜなら対話は、意思決定がアクションにつながるメカニズムを働かせるからだ。本稿では、EDS、ファルマシアの事例と共に、組織に対話を持ち込み、意思決定力のある組織へ変革するプロセスを紹介する。

ラム・チャラン

PDF論文:12ページ[約665KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない