2002年1月号

意思決定の認知メカニズム

【特別インタビュー】「記憶」「知覚」「メタ記憶」の良循環

安西 祐一郎 :慶應義塾 塾長

安西 祐一郎

慶應義塾 塾長

多くの人は人間がどのように意思決定を下しているか、その科学的なメカニズムを理解しようとしていない。それゆえ、同じ過ちを繰り返したり、意思決定後の軌道修正がままならなかったりする。 慶應義塾の安西祐一郎塾長はこのように語る。「意思決定を支えるファクターには『記憶』『知覚』『メタ記憶』の三つがあり、これが我々の意思決定を大きく左右する」。本稿では、意思決定のプロセスを認知科学のメカニズムから考察し、望ましい未来を導くための意思決定力を養う。

安西 祐一郎慶應義塾 塾長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない