2012年1月号

「複雑系」経営講義

我々は何も予測できない

マイケル J. モーブッシン :レッグ・メイソン・キャピタル・マネジメント チーフ・インベストメント・ストラテジスト

マイケル J. モーブッシン

レッグ・メイソン・キャピタル・マネジメント チーフ・インベストメント・ストラテジスト

我々は「複雑系」に生きている──。世界経済と自国経済、あらゆる市場、各種業界、ビジネス生態系、そして勤めている会社や住んでいる地域社会は、「複雑適応系」と呼ばれる世界である。『エクスペクテーション投資入門』で一躍有名になったマイケル・モーブッシンは、金融実務に携わる者としては珍しい複雑系研究者の一人であり、また伝道者でもある。 彼の言うところを要約すれば、「予測したところで、結局は何もわからないのであり、変化にいち早く適応することこそ最も賢い」ということになる。ひるがえせば、これまでに体系化された理論やフレームワークのほとんどはもはや通用しなくなっており、状況に応じて適切な判断を下し、行動することが求められる。そのためには、おのれの興味と思考の幅を広げることが何より重要である。

マイケル J. モーブッシンレッグ・メイソン・キャピタル・マネジメント チーフ・インベストメント・ストラテジスト

PDF論文:9ページ[約2,173KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない