2002年1月号

ゲーム理論で高める意思決定力

経営判断の精度を向上させる実践技法

鈴木 一功

鈴木 一功

中央大学 専門大学院国際会計研究科(アカウンティングスクール)教授

本田 桂子

本田 桂子

マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

将来をいかに展望し、シミュレーションしていくか――。将来価値を踏まえた経営評価指標はいろいろあるが、競合相手の動向と自社が繰り出す「打ち手」のダイナミズムまでをも考慮するには、ゲーム理論がうってつけである。そこで本稿では、ゲーム理論のエッセンスをひもとき、意思決定の精度を高める方法を紹介する。

鈴木 一功中央大学 専門大学院国際会計研究科(アカウンティングスクール)教授

本田 桂子マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない